ホーム > 外壁塗装 > 外壁塗装の補修する目安の築年数

外壁塗装の補修する目安の築年数

外壁塗装工事は家の寿命を左右するとても大事な工事ですそして外壁に問題が起きると様々症状がでてきます外壁のひび割れやさび、かびまたは雨漏りなどの重大な欠陥が生じて家の劣化も進んでしまいますそんな事態にならないように早目の対策が必要ですが外壁塗装補修工事は新築からどのくらいの年数でやるのがいいのかと言いますと築10年を目安にやるのがベストですそしてそのあとも10年おきに補修工事をやれば家の寿命は3倍延びると言われていますしかしながら費用も安くないために先延ばしにしてしまう方もいると思いますが逆に先延ばしすることによって費用もかさみ工期も長くなり家の寿命も短くなる恐れもあるので早目に対策するのがいいかと思いますまた築10年経っていなくてもチョーキング現象(外壁の表面を触ると白い粉が付着する現象)という外壁塗装の防水機能が低下することにより起こる現象が見られたら早目の補修工事が必要なので注意が必要です。

スマイルタイムの口コミ・評判・2chの評価・トラブルは?